30代の転職事情

30代の転職事情

30代での転職というのはどのようなものでしょうか。

 

ある程度の職務経験を積んでくる一方、マネジメントの立場も求められてきます。

 

転職の限界を迎える年代

 

30代と言っても前半と後半で転職事情は大きく異なります。

 

かつては(今でも)転職業界には「35歳限界説」というものがあり、35歳を過ぎると転職が非常に難しくなるというものです。

 

一般的には35歳までが「転職適齢期」であり、35歳を過ぎると「転職氷河期」に突入してしまいます。

 

ですから35歳に近づくと転職を考えている人たちに焦りが生じてきます。

 

即戦力のある人材が人気

 

20代と違って30代では、即戦力の人材が求められます。

 

「育てる」段階というのはもうおしまいということです。

 

転職業界では「若手」というのは28歳まで、というのが一般的です。

 

30代前半は未経験職種に挑戦できる最後の年代だといえますが、大幅な年収ダウンも覚悟しておかなければならないでしょう。

 

30代では「ポテンシャル」での採用がなくなってしまうからです。

 

実務経験やスキルを持っていれば転職も有利

 

もちろんしっかりした実務経験やスキルがあれば30代の転職も難しくはありません。

 

しっかりした実務経験やスキルがある人にとっては35歳の壁も関係ありません。

 

さらに管理職、マネジメント経験がある人であれば一層転職も容易になります。

 

転職理由はポジティブなほうがいい

 

30代の転職理由はどのようなものでしょうか?

 

大手転職サイトのランキングによると次のようになっています。

 

1位会社の将来性が不安
2位他にやりたい仕事がある
3位給与に不満がある
4位専門知識を身に着けたい
5位残業が多い/休日が少ない
6位幅広い経験や知識を身に着けたい

 

このように見ていくと「他にやりたい仕事がある」「専門知識・幅広い経験や知識を身に着けたい」など転職を自分の成長につなげたいというポジティブな転職理由がまだまだ多いことがわかります。

 

一方、20代に比べると「残業が多い/休日が少ない」といった仕事と生活の両立の面の不安も転職理由に挙げられる割合が高くなっています。

 

女性にとっては結婚し、子どもを産む年齢ということも関係してきます。

 

転職のリスクをよく考えるべき

 

30代は20代に比べてより一層「本当に転職する必要があるのか」ということを真剣に考えたほうが良い年代です。

 

もし「即戦力」にならなければそもそも転職しないほうが良いかもしれません。

 

30代後半になれば特にそうです。

 

この点、転職エージェントに登録すると、キャリアの棚卸しをしてくれますし、転職に関して転職業界に精通したプロからのアドバイスがもらえますので現実的な見方ができ、転職を成功させるアイデアを得ることができます。

 

 

次はこちら
40代の転職事情