40代の転職事情

40代の転職事情

さて40代になると転職事情はさらに厳しくなっていくと思われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

一般的には40代の転職はかなり厳しいと言われています。

 

ほとんどの企業では途中採用の年齢条件を35歳以下をとしているからです。

 

年齢が高いと給料の面でも福利厚生の面でも負担が大きくなりますので若い人を選ぶことになります。

 

40代でも可能性は十分ある

 

では40代の転職は、まったくもって無理なのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

正しい転職活動をして、良い会社に転職した40代も大勢います。

 

転職成功の鍵は何でしょうか?

 

40代は管理職や高い技術力が求められているのでキャリアチェンジや未経験の業界に踏み込むのはかなりリスクが大きいといえます。

 

ですから自分の理想を追い求めるよりも、自分の市場価値に合った企業を探すことが大切です。

 

実際40代の転職動機を見てみると、キャリアアップなど理想を実現するというよりも「労働条件の改善」「契約期間の満了」「リストラ」「会社の事業縮小」などの理由が多くを占めます。

 

35歳以上の求人で倍率の高い職種は「保安」「建設」となっています。

 

事務や運搬は求人倍率が低い職種です。

 

職務経歴を分析しアピールポイントをしぼる

 

40代というと社会に出て20年以上様々な経験を積んできたわけですが、それらをただ職務経歴書に並べるだけでは企業側にとっても「何ができる人」であるのかが分かりません。

 

ですから自分の経歴をよく分析して、採用企業が求めている経験に焦点を合わせたアピールが必要になります。

 

転職エージェントの登録は40代は20代30代よりも難しくはなりますが、可能ですので自分の経験と採用企業のマッチングという点で良いアドバイスが得られます。

 

できるかぎり転職エージェントを活用したい

 

転職エージェントの登録が難しい場合はハローワークで職探しになります。

 

ハローワークは「広き門」であるものの、採用企業の質はピンキリですし中にはブラックな企業もないとはいえません。

 

特に年齢不問、未経験可という会社は離職率が高かったり、勤務条件が激務であるといったリスクもあります。

 

40代で転職を成功できるかは、20年以上に及ぶ社会人経験の中でどれだけスキルを有意義に磨いてきたか、にかかっていると言えます。

 

 

次はこちら
50代の転職事情