50代の転職事情

50代の転職事情

50代の転職は40代よりもさらに厳しいものになるという見方が一般的です。

 

50代は年収のピークを迎える時期ですが、住宅ローンや子どもの教育費など出費も多く、年収も支出も最大になる時期です。

 

多くの企業では優秀な人材以外は子会社、関連会社への出向となったり、リストラの対象者になったりする時期でもあります。

 

転職できる仕事の幅がかなり狭くなる

 

50代でも需要がある業界というと、ざっと求人情報を見ても「配送ドライバー」「警備員」「コンビニの店長候補」といったものが目につきました。

 

50代の転職事情は次の2つに分けられます。

 

1.リストラで転職を迫られている
2.同じ業種でキャリアアップをしたい

 

1の場合は、リストラでそのまま退職してしまっても経済的に首が回らないので働き続けなければならない、というケースが多くあります。

 

そんな場合は給与の額にこだわるよりはなんとか長く働き続けられる会社を探すべきです。

 

即戦力のあることが必須

 

2の場合は比較的恵まれているケースといえるかもしれません。

 

専門知識が豊富でスキルが高く、難関国家資格を持っているような人は、転職はしやすいです。

 

しかし、単に現在の会社で役職についているだけで他社にも通用すると考えるのは危険です。

 

団塊の世代からバブル期入社にかけて、管理職ポストが多く、「名ばかり管理職」の人は転職で苦労します。

 

50代ではそれまでの年齢以上に「即戦力」が求められます。

 

50代での転職はとにかく慎重に

 

専門知識が豊富でスキルが高い人であっても転職には慎重であるべきです。

 

なぜでしょうか?

 

同業者から年齢が高くても中途採用をするということには採用企業側の思惑があるかもしれないからです。

 

例えば、その人が持っていた顧客の情報が欲しい、などです。

 

前職のスキルや人脈を吸い取られてお払い箱、というケースも有りうるからです。

 

それなら前の会社のほうが良かった、ということになってしまいます。

 

ですから同じ業種でキャリアアップを目的に転職するにしても、50代はより慎重になる必要があります。

 

他にもブラック企業から転職したい、家族の事情(親の介護など)で地方に戻って転職したい、という人もいるでしょう。

 

50代はなりふり構わず転職活動をするべきです。

 

転職エージェント、転職サイト、新聞の求人、ハローワーク、タウン誌、何でもです。

 

支出に対してどうしても収入が足りないので転職したいという人は、ファイナンシャルプランナーに相談して、どのくらいの収入が必要か把握しておくことも転職活動の助けになります。

 

 

次はこちら
男女別転職事情