逆求人サイトは転職に役立つのか

逆求人サイトは転職に役立つのか

逆求人」という言葉を耳にする機会が増えました。

 

転職サイトには、企業側から転職サイトに登録している人に「スカウトメール」を送る仕組みがあります。

 

しかしこうしたスカウトメールはブラック企業や信頼度の低い企業からのものが多く、優勝企業からのスカウトメールが少ないのが現状です。

 

スカウトメールの質を上げて欲しいところですが、転職サイトの収入源ともなっているためそれも難しい状況です。

 

ブラック企業なのか、優良企業なのかを判断するのも個人の主観によって左右されることがあるからです。

 

スカウト機能に特化し優良企業のオファーも多い

 

そこで登場するのが「逆求人サイト」です。

 

逆求人サイトは転職サイトの「スカウト」機能に特化したサービスです。

 

逆求人サイトには優良企業が多く、期待以上のスカウトメールが来る、と注目されています。

 

自分のアピールしたい点を登録する

 

逆求人サイトでは、出身校、経歴はもちろん自己PR特技やスキルなどを登録します。

 

この自分の情報の載せ方、書き方、見せ方にもコツがあります。

 

例えば自分の失敗談を書くとすると、ネガティブなイメージを持たれる危険性がありますので、書く内容は十分に吟味すべきです。誤字脱字はもってのほかです。

 

スカウトメールが楽しみ

 

一旦登録すると、スカウトメールが来るようになります。

 

転職サイトのスカウトメールのように一斉配信ではなく企業側から望んでアプローチしてくれているわけです。

 

自分の目指している、自分に向いている企業からオファーが来るので、内定を取るためにひたすら妥協も厭わなかった人にとっては逆に新鮮かもしれません

 

非公開求人がオファーされる場合もあります。

 

とにかく自分で探すより「思いがけない」オファーがあるものですので、ある意味ワクワクするかもしれません。

 

今や一般的になりつつある逆求人サイト

 

就活生にとっては、逆求人サイトは一般的なものになりつつあります。

 

JOBRASS(ジョブラス)」や「OfferBox(オファーボックス)」「キミスカ」「MeetsCompany(ミーツカンパニー)」などがあります。

 

風変わりなところで、企業が焼肉や寿司をおごってくれる「ニクリーチ」というところもあります。

 

転職者向けでは「人材バンクネット」「ビズリーチ」(ハイクラス転職、スカウト機能がウリ)などがあります。

 

これから「逆求人」サイトはますます広まっていくものと思います。

 

就活、転職の風景が変わるかもしれません。

 

 

次はこちら
MeetsCompanyとは