徹底比較-ハローワークと転職エージェント - 求人数・求人の質

徹底比較-ハローワークと転職エージェント - 求人数・求人の質

転職を相談できる場所という点で「ハローワーク」と「転職エージェント」は共通しています。

 

このページではハローワークと転職エージェントを徹底比較してみます。

 

項目 ハローワーク 転職エージェント
運営

厚生労働省

民間企業

求人数

○△

求人の質

企業の情報

相談員の質、サポート

○△

企業側の費用

なし

あり

企業への応募のしやすさ

地方での就職

未経験者OK

 

運営

 

ハローワークは国の機関で厚生労働省の下にあります。転職エージェントは「有料職業紹介事業所」という資格を持つ人材紹介会社であり、民間企業です。

 

ハローワークは全国に540箇所ありますが、転職エージェントは業界最大手のリクルートエージェントで全国の16箇所ですので、ハローワークの地域カバー率は圧倒的です。

 

求人数

 

ハローワーク:新規求職者数550万人(平成27年)

 

転職エージェント16万件以上(業界最大手のリクルートエージェント)、15万件以上(業界二位のDODAエージェントサービス)

 

求人数でもハローワークが圧倒しています

 

ハローワークは求人を無料で出せるため数が多くなります。地方や中小企業の求人が多いのも特徴です。

 

転職エージェントは企業から採用費を取りますので、ハローワークに比べて求人数は劣ります。

 

しかし、非公開求人など企業とのパイプで独自の求人を出すところが多く、良い企業にスムーズに転職できるチャンスがあります。

 

求人の質

 

ハローワークは求人を出すのが無料なので求人数が多いのですが、求人の質となるといわゆる「玉石混交」状態です。

 

優良な中小企業が求人を出すこともありますが、採用費をかけけられない30人以下といった零細な会社が多く、待遇が良い会社は少なくなります。

 

また求人票と労働条件(仕事内容、待遇、給料)が異なるケースも多く、そういった求人は全体の4割を占めると言われています。

 

ハローワークには労働基準法に違反した会社は求人を載せることができませんが、それでも求人票を偽ったりしてあの手この手で求人を載せてくるブラックな企業もあることは確かです。

 

さらに求人できる余裕があることを対外的に見せたいがために採用する気がないのに求人を出す「空求人」というものまであるそうです。これも無料で求人を出せるハローワークならできてしまうことなのです。

 

一方転職エージェントで求人する企業の場合、採用費が数百万円単位でかかります。

 

それで優秀な人材の確保に本気である企業が多いのです。

 

転職エージェントはハローワークよりも厳しく悪質な会社を排除しており、そういった点でより信頼できます

 

募集企業の情報

 

ハローワークでは、募集企業の情報は活字の情報だけで写真もないことが多くあります。

 

一方転職エージェントは写真も情報も豊富ですし、募集企業の内部情報にも詳しいエージェントが多いです。

 

 

続きはこちら
徹底比較-ハローワークと転職エージェント - サポートの手厚さなど