徹底比較-ハローワークと転職エージェント - サポートの手厚さなど

徹底比較-ハローワークと転職エージェント - サポートの手厚さなど

ハローワーク」と「転職エージェント」の徹底比較を続けていきましょう。

 

相談員の質、サポート

 

ハローワークは相談員の質が千差万別です。

 

年齢的には高めの相談員が多く、人生経験という年輪を感じさせる温かな人には安心して相談できますが、そういった方ばかりとは限りません。いかにもお役所的な対応の人もいます。

 

熱心に相談を聞いてくれる人を探して時間や曜日を変えたり、良い人に当たったら次回も相談できるようにお願いすることができるでしょう。

 

転職エージェントは相談員(キャリアコンサルタントと一般的に呼ばれます)は転職の成功が会社の収入ですので、とても熱心です。

 

一流企業の出身者が多く、採用企業の情報収集履歴書の添削模擬面接対策なども行ってくれます。

 

中には熱心すぎてメール、電話がしょっちゅうかかってきて迷惑だと感じられることもあるようです。

 

そういった場合は連絡の方法、時間帯などをはっきりと知らせ、合わないと感じられたらキャリアコンサルタントを交代してもらうこともできます

 

企業への応募のしやすさ

 

求人への応募は、ハローワークでは自分で行わなければなりません。面接日の設定も求職者本人が行います。

 

履歴書の添削や面接対策もやってはくれますが、求職者から能動的に働きかける必要があります。

 

転職エージェントはこの点、至れり尽くせりです。

 

求人への応募は転職エージェントが行ってくれて、面接日の設定もしてくれます。履歴書の添削や面接対策もバッチリです。

 

さらに採用担当者には聞きにくい、給与のことや勤務形態のことなども間に立ってすり合わせてくれます

 

地方での就職

 

地方での就職については、全国540箇所にあるハローワークが有利です

 

大手転職エージェントも全国に拠点がありますが、それでも16箇所程度であり、すべての都道府県をカバーしているわけではありません。

 

求人情報はどうしても大都市中心になってしまいます。地方の優良企業の求人はハローワークの多いのが特徴です。

 

未経験者OK

 

転職エージェントでは求人を出す企業は採用費をかけていますので「即戦力」を求める傾向にあります。ですから経験者を優遇しますので同業他社への転職が多くなります。

 

該当分野への仕事の経験がない人にお金をかけても良いという企業は20代前半の「第二新卒」以外には殆ど無いでしょう。

 

一方ハローワークは求人に企業側も費用がかからないので、幅広い人材を採用することに柔軟な企業が多くあります。未経験分野への応募についてはハローワークを利用したほうが良いでしょう。

 

ただし、「年齢、経験不問」という募集には何か裏がある、と慎重になったほうが得策です。

 

結論として

 

経験のある業界で転職によってキャリアアップを図りたいなら、転職エージェント

 

地方への転職、未経験の分野へ挑戦したい人は、ハローワーク

 

ということになると思います。

 

 

次はこちら
転職は誰に相談したらよいか