転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

似て非なるサービス

「転職エージェント」と「転職サイト」、言葉だけ見るとなんだかよく似ています。

 

この2つはとっても違うものなのです。

 

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いは何なのでしょうか?

 

簡単に言うとこうなります。

 

  転職エージェント 転職サイト
紹介企業数 ◯転職サイトよりも多くないが転職サイトにない非公開にも応募できる ◎10万件以上などの圧倒的な数の企業が登録されている
利用料金 ◎なし ◎なし
履歴書の準備 書き方をアドバイスしてくれる △すべて自分で準備する
アドバイス 自分の市場価値、向いている業界など、専任の担当者がきめ細かくアドバイスしてくれる。 △特にアドバイスはなし。
企業との交渉 専任の担当者が面接日、給与、入社日なども交渉してくれる △企業との交渉はすべて自分で行う
転職成功率 ◎企業は良い人材のために転職エージェントにお金を払うので転職エージェントの紹介を信頼するため合格しやすい。転職エージェントも求職者に面接指導をしたり企業への働きかけをしてくれる ◯転職サイト経由でたくさんの応募が届くため書類で落ちる可能性もあり
利用の気軽さ △最低一回は専任担当者に会う必要がある。真剣に転職を考えている人向けなので気軽には利用できない。 登録するだけなので気軽に利用でき、マイペースに仕事探しができる。

 

真剣に転職を考えるなら転職エージェント

 

「気楽さ」でいえば、「転職サイト」のほうが優れています。

 

でもそもそも「気軽さ」って何でしょうか?

 

もしまだ転職についてはおぼろげにしか考えてなくて、とりあえず転職サイトでぼんやりどんな転職先があるか探してみようかな・・という程度であれば転職サイトでも良いかもしれません。

 

多くの企業が登録されている「リクナビNEXT」がお勧めです。

 

しかし、どうしても転職をしたい、キャリアアップをしたい、という人にとっては「転職エージェント」を利用したほうが良い、というのはこの表を見ても分かるのではないでしょうか。

 

では転職を真剣に考えている人は「転職エージェント」に登録しましょう。

 

 

次はこちら
エージェントを無料で利用できる理由