江戸時代の転職エージェント

江戸時代の転職エージェント

江戸時代には現代でいう「転職エージェント」または「人材派遣業者」のようなものが存在していました。

 

それは「桂庵」と呼ばれる人たちでした。

 

ブリタニカ百科事典には、「桂庵」とは、
「慶庵,慶安とも書く。奉公人,雇い人,芸者などの周旋業者のこと。俗に「口入れ屋」ともいわれる。江戸時代 承応の頃 (1650頃) ,江戸京橋の医師大和慶庵という者が縁談や奉公人の紹介をしたことに由来するといわれる。」
と説明されていました。

 

縁談の紹介、というのもいかにも前時代的な感じがしますね。

 

世話好きから始まったサービス

 

この大和慶庵という人は医師だったのですが、なかなかの世話好きで、婚姻のとりもちや奉公人の斡旋を行うようになり、浪人を雇って本格的に職業斡旋業を行うようになりました。

 

世界百科事典には、「桂庵」が現れた背景として、「近世初期以降,都市の発展にともなって出現したもので,とくに江戸に流入する多数の出稼ぎ奉公人に対し,その身元保証,雇入先の斡旋,そして,就職先がきまるまでの宿泊を行う必要があったことから必然的に発生したものと思われる。」と説明されていました。

 

大和慶庵以降、同じように職業斡旋を生業とする者が増え、その数は多いときで500近くあったとも言われます。

 

江戸でとても流行る職業であったのです。

 

地方から流入する出稼ぎの面倒を見た

 

「桂庵」または「口入れ屋」はどのような仕事をしていたのでしょうか?

 

「桂庵」を利用していた人たちの多くは地方から流れてきた人たちでした。

 

当然、江戸には知り合いもツテもない状態です。

 

当時の江戸は地縁社会であり、縁故や紹介がない人は食を得るのは至難の業でした。

 

そこで桂庵は、そうした人々の身元を引き受けて、二階に住まわせ、江戸の言葉や作法を教えます。

 

そして奉公先を見つけて、数ヶ月や半年の契約で派遣し、斡旋料を受け取っていました。

 

武家の臨時の求人に対応した

 

江戸では季節や行事、祭りのたびに必要とされる労働力も多かったので、現在のような短期の派遣の仕事はかなりの需要がありました。

 

徳川幕府は武家に格式に合わせて供回りを揃えるよう規定していましたが、常時奉公人を雇える余裕のない武家は、人件費削減のため、人が必要な時期や行事に合わせて都度臨時に奉公人を雇い入れていました。

 

今で言う、正社員を減らして、派遣やアルバイトを増やすのと同じ考え方です。

 

正月には様々な儀式や挨拶があって供回りを増やす時期であり、かなり求人が増えたそうです。

 

肝煎りと呼ばれた

 

こういった奉公人の確保には「桂庵」が活躍しました。

 

武家への奉公を斡旋する業者は「口入れ屋」、職人は「肝煎り」などと異なる名前で呼ばれていたようです。

 

さらに人夫や駕籠かきなど肉体労働を主とする日雇いの仕事も数多くあり、江戸幕府が管理していた「日傭座」といった斡旋業者もいました。

 

悪徳業者対策のため組合を作らせた

 

職業斡旋業者が増えると、悪徳な業者が現れるのも世の常です。

 

身元がはっきりしない出所不明の無宿者や無頼者を紹介したり、奉公先を次々に変えさせて紹介手数料を荒稼ぎする、などを繰り返していました。

 

そこで江戸幕府は町奉行所に命じて「番組人宿」という組合を作らせ、いわば行政指導を行わせました。

 

例えば奉公人が盗みを働き逃亡した場合、奉公人を捜索し、代わりの奉公人を斡旋する、被害額を負担する、組合の他の業者にも協力を求める、ということをしていました。

 

この組合は江戸の治安対策にもなりました。

 

この組合制度は廃止と復活を繰り返しながら幕末になります。

 

 

江戸時代の転職エージェント、人材斡旋業である「桂庵」の話はいかがだったでしょうか?

 

150年前から300年前の話ですが、現在の転職事情とも相通ずるところがあって興味深いですね。

 

 

次はこちら
江戸時代のいろいろな職業1 - 修理業者