コンサルタントに面談後もフォローしてもらうには?

コンサルタントに面談後もフォローしてもらうには?

転職エージェントに面談後のフォローを十分に行ってもらうためには、あなたの面談での態度や姿勢が鍵となります。

 

実際の企業との面接ではないからと言って転職先との面談を油断したり軽く見たりするようなことはしてはいけません。

 

面談の時間に連絡なく遅れたり、だらしのない、清潔感のない服装で行ったりすることも避けるべきです。

 

優先順位で対応が違ってくる

 

転職エージェントのキャリアコンサルタントはたくさんの転職希望者を相手にしていますので、転職希望者に優先順位をつけざるを得ません。

 

その優先順位を上げることが転職の成功への鍵と言っても過言ではありません。

 

優先順位アップのコツ

 

転職エージェントからの優先順位を上げる方法として、次のようなものがあります。

 

転職エージェントに登録してから面談までの時間を短くする

 

→転職エージェントは初回登録日を重要視します。転職を成功させる人材は初回登録日から時間が経ちすぎていない人たちです。

 

ですから初回登録から、面接までの時間をエージェント側も延ばしたくないですし、あなたもスピーディーに行動することを心がけてください。

 

すぐに転職したい意思があることを伝える

 

→転職エージェントは転職の意思が低い人、「とりあえず話を聞きに来た」という人には高い優先順をつけられません。

 

複数の転職エージェントに登録しているが実際の面談は御社が初めてである

 

→転職エージェントは転職を成功させられそうな人材が他社に取られるのを嫌がります。

 

ですからこのように伝えておけば転職エージェントも本気になって親身に対応してくれます。

 

面談に備えてよく準備を

 

面談で、現職の批判や、他の転職エージェントを悪く言うことは避けましょう。

 

「後ろ向きな転職希望者」というイメージを持たれてしまいます。

 

面談の約束のときに履歴書、職務経歴書を送っておけば面談までに添削を行ってくれることでしょう。

 

面接のシミュレーションについても忘れずに伝えておけばしっかりと対応してくれすはずです。

 

転職希望者にとって、転職エージェントに好印象を持ってもらうことは転職成功の鍵となります。

 

 

次はこちら
良い転職先を紹介してもらうコツ