エージェントを無料で利用できる理由

エージェントを無料で利用できる理由

転職エージェントは専任のアドバイザーが付いて履歴書の書き方から企業との交渉までさまざまなサービスを行ってくれるのに、「無料」で利用できます。

 

普通ならこれだけのサービスがあって無料ということはありえないわけです。

 

ハローワークは国(厚生労働省)の管轄ですから無料というのはわかります。私たちの税金からハローワークに給料が支払われているからです。

 

では私企業である転職エージェントはどうでしょうか?

 

転職エージェントは求人者(企業)からの報酬を受け取っています。

 

それで登録している求職者(個人)に利用料は一切かからないわけです。

 

そもそも求職者(個人)に利用料を取ることは法律によって禁止されていますので安心できます。

 

エージェントの運営の仕組み

 

企業から、転職エージェントへの報酬はどのようになっているのでしょうか?

 

毎月支払う月額固定費になっているケースと、転職エージェントで人を採用した場合に支払われる成功報酬があります。

 

転職エージェントでは成功報酬パターンが多いのですが、もしある人が採用されて年収が600万円としたら、30%〜35%の報酬が相場ですので、180万円〜200万円の報酬が転職エージェントに入ることになります。

 

転職エージェントにすれば転職する求職者に決まる年収が報酬の鍵となりますので、年収を少しでもあげようとして熱心に交渉を頑張ってくれます。

 

成功報酬はかなりの高額ですが、それでも企業は「安心できる人材がほしい」「入ってもすぐに辞めてしまう人材のほうが高くつく」と思っています。

 

希望者は意志をしっかり伝えること

しかしその反面、転職して「年収は高いけど忙しすぎて体を壊した」「希望の職場ではなかった」といったこともあります。

 

ですから求職者も転職エージェントを利用している間、自分の希望をしっかり担当者に伝える必要があります。

 

ではもし転職後、短期で会社をやめてしまった場合はどうなのでしょうか?

 

その場合は転職エージェントが企業に対しペナルティを支払うことになっています。

 

報酬を減額する、代わりの人材を無料で紹介する、などです。

 

転職希望者にペナルティはない

転職後、短期で会社をやめてしまった場合、その人個人が責任を問われることはあるのでしょうか?それはありません。

 

「働いてみたものの、イメージとは違っていた」ということは起こりうることで、マッチングをうまくできなかった転職エージェントの責任でもあるからです。

 

このように転職エージェントは一切無料で利用できる、求職者としては本当に心強いサービスだといえるのではないでしょうか。

 

 

次はこちら
転職エージェントの適正診断テスト