転職エージェントはハローワークではない

転職エージェントはハローワークではない

転職をする場合に、昔からある方法として「ハローワークを利用する」ということがあります。

 

ハローワークは、転職エージェントとはどのように異なるのでしょうか。

 

ハローワークと転職エージェントの違い

 

ハローワークは公共職業安定所、略して「職安」の愛称で、国民に安定した雇用機会を確保することを目的として国(厚生労働省)が設置する行政機関です。

 

転職エージェントは私企業が転職先の企業に人材を紹介する事によって報酬を受け取っています。

 

「国」の事業か、「私企業」の業務か、というところがまず違います。

 

ハローワークも転職エージェントも、無料で転職のあっせんが受けられるという点では同じです。

 

非常に広い範囲で仕事を探せるメリット

 

ハローワークのメリットは次のとおりです。

 

求人数が圧倒的に多い(ハローワークは全国540個所以上にある)
・地元の就職に強い(現在の住所から通える職業を紹介してくれる)
無料で職業訓練、自己分析の紹介も行ってくれている
・扱う業種が多い(転職エージェントは殆どがホワイトカラーの職業)
未経験分野への応募がしやすい

 

ハローワークは「職業安定法」に基づいており、それには求職者に対して住所を変更しなくてもよい職業を紹介するように努めなければならないとあります。

 

また求職者に対し、職業訓練校のあっせんを行うことも定められています。

 

資金力のない中小零細企業の求人が中心

 

一方、ハローワークのデメリットは次のとおりです。

 

・相談員の質にばらつきがある
企業へのチェックが甘い傾向にある
・求人の質が低い場合がある(募集要項と求人内容に違いがある場合もある)
・中小企業、零細企業の求人が多い
・転職エージェントと違い、企業との連絡、面接のアポは自分で行う必要がある
・求人企業の情報が限られている(画像が少ない)

 

ハローワークですと求人にお金をかけなくて済むため、中小企業の情報が多くなります。

 

求人の質を求めるなら転職エージェント

 

転職エージェントは求人にお金をかけても良い企業を登録していますので、求人の質は高いです。

 

しかし未経験者の転職はほぼチャンスがありません。

 

未経験分野に挑戦したい、という人はハローワークで相談することをお勧めします。

 

 

次はこちら
たくさんの企業への応募を勧められる理由