子育て世代の女性の転職事情

子育て世代の女性の転職事情

ここでは子育て世代の女性の転職事情ということで考えてみましょう。

 

男女雇用機会均等法が1986年に施行されて以来、制度的には就職における男女の差はなくなりました。

 

女性ならではのハードル

 

現実問題として、女性は結婚、出産などで離職する割合が高いことから、女性の採用に消極的な企業も一部存在しますし、転職事情も男性とは異なってきます。

 

男性も育児休暇を取ることができたり、夫婦で協力して育児ができる環境が整ってきたりしたものの、実際には育児は女性側に負担が大きく、出産前の職場に戻るにしても転職するにしても男性よりもたくさんの要素を考慮しなければならないという事情があります。

 

有利な転職は20代のうちに

 

一般的に20代、特に第二新卒までは未経験でも転職がしやすく、20代後半、30代では経験や知識が求められるのは転職業界の常です。

 

有利な転職をするためには20代のうちに、スキルや経験を積極的な姿勢で身につけていくことが大切です。

 

子育てをしながらの転職は、理解のある企業風土のある会社を選ぶことが大切になります。

 

勤務時間に融通がきいて休日がしっかり取れる職場が長い目で見てベターです。

 

賢い面接の受け方

 

企業を面接するときには「出産、育児に対するバックアップが整っているから」ということを志望の第一の動機にするのは得策ではありません。

 

やはり「その会社でやりたいことがあった。」「企業理念に共鳴した。」ということを第一に挙げ、その後付加的に「「出産、育児に対するバックアップが整っている」ことを加えることができるでしょう。

 

子育て世代の場合、長時間通勤はできない勤務時間休みに融通が欲しいという希望もあると思います。

 

個人によって様々な制約があることも事実です。

 

子育て世代の女性にこそお勧めの転職エージェント

 

その場合転職は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

 

転職エージェントは企業の詳細な情報を持っており、それらの情報を知った上で自分にあった転職先を紹介してくれます。

 

時短勤務などのような聞きにくいことでもエージェントが聞いて交渉してくれますのでとても助かります。

 

またキャリアの棚卸し履歴書の書き方面接指導もしてくれるので心強い味方です。

 

子育て世代で勤務にいろいろな制約がある場合、正社員採用というのは難しい場合もあります。

 

そのような場合は派遣社員という立場なら時短勤務が可能かもしれません。

 

そういった可能性を探してみることもできるでしょう。

 

 

次はこちら
新卒入社3年以内の転職