利用者とエージェント 主導権はどちらに?

利用者とエージェント 主導権はどちらに?

転職エージェントは、手となり足となりあなたの転職をサポートしてくれる頼もしい存在です。

 

では転職先は転職エージェントにまかせておけば安心!ということでしょうか。

 

転職エージェントが頼りになるからと行って何でもかんでも任せてしまうのは危険です。

 

転職活動を転職エージェントに「丸投げ」してしまうと、もっともやってはいけない、転職に失敗する、ということにもなりかねません。

 

転職エージェントに「頼りすぎてはいけない」理由をここでご紹介します。

 

転職させないとビジネスにならない事情

それは転職エージェントにもいろいろな事情があり、必ずしもあなたに合った転職先を紹介してくれるわけではないからです。

 

事情のひとつは、転職エージェントはビジネスであり、転職させないと儲けがない、という点です。

 

転職が決まって初めて転職先の企業から転職エージェントに報酬が支払われることになるからです。

 

またキャリアコンサルタントにとってどれだけ転職先を紹介して、何人転職に成功させたかという数字が即、成績につながります。

 

ですからさんざん転職先を紹介して、面接対策をして面接まで行っても結局転職先を決めきれない、という人が転職エージェントには一番困るわけです。

 

転職先の給料が高いところを勧める傾向

さらに「給料は良いが勤務形態があなたに合っていない会社」と「給料は良くないが勤務形態があなたに合っている会社」の2つがあるとしたら、転職エージェントはほぼ100%前者の「給料は良いが勤務形態があなたに合っていない会社」を勧めてきます。

 

転職先の年収によって報酬が決まるため、転職先の給料が多い方をプッシュしてくるのは当然といえます。

 

しかし転職希望者にとっても転職先を決めるのは本人ですので、転職エージェントに遠慮して転職先を決めてしまわなければ、というプレッシャーを感じる必要はありません。

 

うまく使うという感覚が必要

ですから転職エージェントのサポートを受けつつ、主導権は転職希望者本人が持つ、ということがふさわしいことだと思います。

 

「頼る」のではなく「うまく使う」という感覚が大切です。

 

転職エージェントのプッシュが強すぎて、「自分の転職したい会社」ではなく「転職エージェントが転職させたい会社」に行かなければならないようなプレッシャーを感じる場合は、思い切って転職エージェントを変えるのも一つの方法です。

 

 

次はこちら
キャリアコンサルタントとの付き合い方