管理職の転職事情

管理職の転職事情

管理者というと一般的に40代以上の中高年の方というイメージとなります。

 

管理職とはそもそもどんな職種なのでしょうか。

 

仕事と部下を管理する職種?

 

一般的に聞く言葉ですが、いざどういう職種かと聞かれると、答えにくいかもしれません。

 

管理職とは「部署の仕事を指揮、統率し、部下の仕事を管理する役割」ということができます。

 

部長、課長といった役職のことを指し、会社から担当する部署に対してある程度の権限、決定権を与えられています。

 

「部下の仕事を管理する仕事」として、各メンバーへの仕事の割り振り目標設定、部下の仕事に対する評価とフィードバック、部下のミスをフォローしカバーする、など多岐にわたります。

 

管理職に就いている人たちの多くは同じ会社に長年勤めてきた人たちですが、近年の労働環境の変化によって、管理職を転職者で補うということも一般的になってきました。

 

管理職が転職したい理由

 

管理職の転職の動機というのはどのようなものでしょうか?

 

普通に考えれば管理職は定年まで勤め上げる人が多い中、「もっと自分の能力を活かすため」「キャリアアップのため」などの前向きな転職理由が多いものの、その背後には会社への不満、人間関係などのマイナスの理由も隠されています。

 

また、「会社の業務悪化」「経営者の交代」など自分の都合以外が原因である場合もあります。

 

管理職の経験自体はメリットになりにくい

 

管理職の転職事情はどのようなものでしょうか?

 

一般的には難しいと言わざるを得ません。

 

前職で培った経験や実績があっても、新しい職場にフィットするかはまた別の話で、中高年になると考えが保守的になり、柔軟な発想ができないことから新しい環境に馴染めないことも多々あります。

 

管理職の転職は、よほどのことがない限り、年収アップや、現状維持も難しく、給与は待遇が下がってしまうことがほとんどです。

 

管理職であってもスキルがあるプレーヤーでなければ転職を成功させるのが大変難しいといえます。

 

自分の中で固執しないで

 

ですからある程度の妥協が必要になります。

 

転職の秘訣としては「自分の譲れない部分を持つ」ことだと思います。

 

そこを優先順位の最上位にして転職に取り組むということです。

 

「自分の譲れない部分」というのがどうしても前職で不満があった部分で、その部分がない転職先を考えるかもしれませんが、それだけにこだわっていれば良い転職は望めないかもしれません。

 

転職エージェントなら転職の幅が広がる

 

管理職の転職に関しても、転職エージェントを利用することがおすすめです。

 

管理職の転職は募集企業が非公開にしていることも多く、転職エージェントに登録することによって転職の幅が広がります。

 

転職エージェントはこれまでの登録者の経験から、合致する求人を探してくれますので、いわばスカウトされているような形になり転職しやすいのです。

 

また近年転職業界は活発化しており、これまでは難しいと言われていた40代以上の転職でも明るい見込みが出てきています。

 

このように、うまく転職エージェントを使いこなすことによって、管理職の転職を成功させることができます。

 

 

次はこちら
江戸時代の転職エージェント