必ずしも転職ありきではなくとも良い?

必ずしも転職ありきではなくとも良い?

転職エージェントに登録しても必ずしも転職ありき、ではなくてもよいのでしょうか。

 

もちろん転職エージェントしては好まざる客となるわけですが、一度の機会に転職を決めることがでなくても何ら問題はありません。

 

もしどうしても転職を思いとどまるようなら、そうすれば良いと思います。

 

転職は最終的な手段

実はキャリアコンサルタントの過半数は「面談した転職希望社の3人に1人は、転職せずに現職にとどまったほうが良かった」と感じているとのこと。

 

転職を導く転職エージェントのキャリアコンサルタントの発言としては、矛盾しているように感じますが、つまり転職というのは言わば最終手段であり、安易な気持ちで転職してはいけないということです。

 

確かに転職回数が多いと、堪え性のない人、と思われがちですので転職に不利になる場合があります。

 

同じ職場にとどまる事によって蓄積されていく福利厚生、退職金の積立なども手放してしまうことになります。

 

動機は積極的な理由なのか

転職する動機となる点として、「給料、賞与に不満がある」「仕事を通じて成長を感じられない」「上司や同僚との人間関係」「残業時間が長い」「結果に対する評価が得られていない」「業務に対するマンネリ化」などがあります。

 

不満が多いから転職したいという「ネガティブな転職か」、自分を成長させたいという「ポジティブな転職か」というところも重要なポイントです。

 

不満が多いから転職したいという「ネガティブな転職」であれば、転職先はもっと良いところだろうと、勝手に「隣の芝は青い」「隣の花は赤い」的に、良いところばかりを追いかけて現実が見えなくなってしまう可能性もあります。

 

もしかしたら、「ないものねだり」をしているだけかもしれません。

 

リスクをよく考える

転職にはリスクが伴います。

 

転職エージェントに登録して転職活動を始めることはできますが、現職のメリット・デメリットもよく検討して、転職ありきではなくて現職で改善できるところがあるのではないか、と考えることも良いかと思います。

 

必ずしも転職エージェントに登録したからといって転職ありきではなくても良いのです。

 

 

次はこちら
転職エージェントとの面談内容