大手エージェントでなければダメなのか?

大手エージェントでなければダメなのか?

転職エージェントにもいろいろな種類がありますが、大きく分けて2つあります。

 

  • 大手総合型エージェント
  • 専門特化型エージェント

 

大手総合型エージェントの特徴

 

大手総合型エージェントとはDODA、リクルートエージェントのようないわゆる大手のエージェントで、求人数が多く、幅広い分野を取り扱っています。

 

全国展開していますので地方の転職にも強みがあります。

 

ではこの大手総合型エージェントに登録しておけばそれだけで良い、と言えるでしょうか?

 

答えは Yesであり、Noでもあります。

 

いつでも大手が安心というわけではない

 

大手総合型エージェントに登録すること、イコール良い転職ができる、という意味ではありません。

 

求人情報が豊富だからと言って安心かというとそうではありません。

 

転職業界は、求職者のこれまでの経験、スキルが大きくモノをいいます。

 

求人情報が多い、選択肢が多いと言っても自分のスキルとマッチしない求人であれば応募しても採用されることはなかなか望めません。

 

大手総合型エージェントは組織が大きいため、企業の担当者と転職希望者の担当者が異なることがあります。

 

この場合、幅広い求人情報の提供が可能となりますが、企業の担当者と転職希望者の担当者のコミュニケーションが遠くなり、実際に転職希望者のニーズを汲み取れずに情報の提供をしてしまう場合もあります。

 

専門特化型エージェントの強み

 

一方専門特化型エージェントは、大手総合型エージェントと異なる特徴があります。

 

それは専門とする分野に強く、それが転職希望者の方向性と一致しているのであれば、良い転職先を紹介してくれます。

 

専門特化型エージェントの場合、企業の担当者と転職希望者の担当者が同じケースが多いため、専門分野の詳細な情報提供など、転職希望者のニーズを汲み取りやすいというメリットもあります。

 

一般的な話でいくと大手総合型エージェントのほうが情報提供の漏れが少なく、ネームバリューもありますし安心して頼めるというのは確かですが、専門特化型エージェントの力も侮ることはできません。

 

複数のエージェントを組み合わせて活用していく

 

転職エージェントは1社にしないといけないという決まりはないわけですから、大手総合型エージェントと専門特化型エージェントを含む3〜4社登録して転職活動を進めていく、ということをお勧めしたいと思います。

 

 

次はこちら
利用者とエージェント 主導権はどちらに?