専門特化型エージェント(薬剤師1)

専門特化型エージェント(薬剤師1)

薬剤師は、処方せんに基づいて薬を調剤し、患者に処方する人たちです。

 

薬剤師の職場は、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など様々です。

 

薬剤師になるには大学の薬学部を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

 

このため簡単に就ける仕事ではありませんが、年収は400〜650万円あり、地方でも就職に困ることはありません。

 

薬剤師は女性が多いためパート勤務もやりやすく、給与に男女差はありません。

 

薬剤師の転職市場は大きい

 

厚生労働省の数字によると2014年現在、薬剤師は全国に28万8000人います。

 

28万8000人の転職市場は大きいといえます。

 

最近では薬剤師の転職支援を行う専門のエージェントもあります。

 

このページでは薬剤師に特化した転職エージェントをご紹介します。

 

薬キャリ

 

薬キャリは東証一部上場企業であるエムスリーグループが運営する転職エージェントです。

 

エムスリーグループは、35万人以上の医療関係者が利用している医療専門サイトm3.comを持ち、業界で随一の知名度・実績を誇ります。

 

登録求人数は常に4万件を超え、対応エリアは全国をカバーしています。

 

また全国の薬剤師転職サイト20社以上の求人を一括で検索できます。

 

求人企業とのコネクションが強いので独自の非公開多く求人もあります。

 

転職コンサルタントも面倒見が良いと評判です。(ただ少し強引な担当者もいるという口コミも・・)

 

事務拠点は東京のみになりますので、東京以外の人は電話とメールでサポートを受けることになります。

 

リクナビ薬剤師

 

ご存知リクルートが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

 

リクナビ薬剤師は2100年に始まった比較的新しいサービスです。

 

リクルートは、知名度、求人数すべてにおいて日本ではNo.1の転職支援企業ですので、薬剤師向け求人についても豊富な情報を持っています。

 

総求人数は3万5千件以上でその75%が非公開求人です。

 

転職を決めるまで最短3日とスピーディーな対応が評判です。

 

医療業界に精通しており、薬剤師専任のキャリアコンサルタントも多く在籍しています。

 

反面、電話連絡がしつこい、アフターフォローが少ない、地方都市の求人が弱い、パートの情報が少ない、といった評価も聞かれます。

 

 

次はこちら
専門特化型エージェント(薬剤師2)