良い転職先を紹介してもらうコツ

良い転職先を紹介してもらうコツ

転職エージェントに登録したものの、なかなかピンとくる転職先の紹介がない・・といったことはありませんか?

 

またはキャリアコンサルタントとの相性がどうも合わない、と言ったこともあるかもしれません。

 

例えば連絡がほしいときに連絡がなく、連絡が欲しくないとき、忙しいときに限って連絡してくれるなど・・

 

転職エージェントは転職を成功させるために存在しています。

 

しかしたくさんの転職希望者が登録している中、すべての転職希望者に手が回らない、といったこともあります。

 

ですから転職エージェントをうまく利用して、良い転職先を紹介してもらうにはコツがあります。

 

これからその「コツ」をご紹介したいと思います!

 

連絡をマメに入れよう

 

まず、案件紹介メールを優先的に受け取りたい、そんな場合はキャリアコンサルタントへの連絡をマメにすることをお勧めします。

 

連絡をマメにすると、更新日が新しくなるのでリスト上位に来ます。

 

そうすると案件紹介が優先的にまわってきます。

 

もし更新日が低いと、転職エージェントは、もう転職が決まってしまったのではないかと考え、後回しにする傾向があります。

 

転職の意欲をはっきり示そう

 

キャリアコンサルタントへ転職の意欲を示すことも大切です。

 

よく聞かれる質問が「転職時期はいつ頃をお考えですか?」というものですが、「まだちょっと分かりません」といった回答ならコンサルタントの意欲も低下してしまいます。

 

「良いお話があればいつでも」という積極的な回答をするようにしましょう。

 

キャリアコンサルタントをよく見分けよう

 

優秀なキャリアコンサルタントについてもらうのも良い転職先を見つける大きな鍵になります。

 

キャリアコンサルタントはどのように見分ければよいのでしょうか?

 

一つの方法は「推薦文」を見せてもらうことです。

 

優秀なキャリアコンサルタントであれば訴求力のある文章をかけるはずです。

 

反面あまり優秀でないコンサルタントは単に経歴を写してあるだけ、ということもあります。

 

まいたものは必ず刈り取る

 

経歴やスキルに嘘を書くと、情報はずっと残りますからいつかはバレることになります。

 

それは数年後の次の転職のときかもしれません。

 

登録情報に違いがあることが判明した場合、案件紹介を断られる場合もあります。

 

このように良い転職先を紹介してもらうには「意欲を見せる」ということが大切です。

 

コンサルタントに「信頼している」という言葉を伝えることもコンサルタントを「やる気にさせる」方法です。