転職者の履歴書の書き方-注意点

転職者の履歴書の書き方-注意点

就職、転職に必要なもの、それは「履歴書」です。

 

履歴書はその人を紹介する非常に大切な文書です。

 

履歴書の良し悪しで、採用の合否が決まる、と言っても過言ではありません。

 

このページでは採用担当者良い印象を与える履歴書の書き方のコツについてご紹介いたします。

 

余裕を持って準備する

 

最初に、履歴書は余裕を持って書いておいたほうが良いでしょう。

 

焦って作成すると、移入ミスも多くなり、採用担当者に良い印象を与えることはできません。

 

履歴書は同じものをすべての企業に使うのではなく、応募企業に向けた履歴書にすることが大切です。

 

学歴や職歴は変えようがありませんが、志望動機やアピールポイントなど、応募企業に合わせてアレンジしましょう。

 

手書きは人柄が伝わる

 

手書きか、パソコンか、という点ですが、とくに指定がなければどちらでも構いません。

 

手書きを指定してくる会社の場合は、採用担当者が手書きの文字から応募者の人柄を探っている傾向があります。

 

手書きの場合は鉛筆、シャープペンシルの使用は避けて黒のボールペンを使用しましょう。

 

書き間違えた場合は、修正液を使うのではなく面倒でも最初から書き直しましょう。

 

履歴書の見本を作成し、それを見ながら書いていくと間違いを減らせます。

 

テンプレートが使えるパソコンは便利

 

パソコンで作成する場合は、テンプレートを使いましょう。

 

さまざまな種類のものがダウンロード可能ですので自分にあったものを選びましょう。

 

職歴が浅い人の場合、職歴のスペースが大きいと、職歴の少なさが目立つかもしれません。

 

ですから、スペース配分なども自分にあったものを選ぶと良いと思います。

 

必要事項は漏れのないようよく確認

 

注意が一点あります。

 

自分なりにアレンジした履歴書ですと、必要事項が抜けたりする傾向があり、その事項について「書きたくないのかな」と思われてしまう危険があります。

 

ですから履歴書の必要事項は漏れなくカバーする履歴書を作成しましょう。

 

空欄の項目があるのは良くありません。

 

とくに記入することがない場合は「特になし」と記入しましょう。

 

履歴書が完成したら必ず見直しをして誤字脱字、情報が間違っていないかを確認しましょう。

 

転職エージェントを使うメリット

 

履歴書に間違いがあると、採用担当者は後々仕事でもミスをするのではないかと不安になります。

 

転職エージェントに登録したら多くの場合、転職エージェントが無料で履歴書を添削または作成してくれます

 

プロの力を借りて訴求力のある履歴書を書くことができるのは大きなメリットです。

 

 

次はこちら
仕事の引き継ぎについて