たくさんの企業への応募を勧められる理由

たくさんの企業への応募を勧められる理由

転職エージェントの担当者との面談が終わると、転職先企業の紹介が始まります。

 

転職エージェントからの求人情報が次から次に紹介されるため、圧倒されるし疲れることがあります。

 

自分の転職希望にマッチする企業を紹介してくれるのは嬉しいことなのですが、なぜたくさん紹介されるのでしょうか?

 

転職に成功させたい理由

 

それには2つの理由があります。

 

ひとつは、転職エージェントの成功報酬というのは、転職希望者の転職が実現して初めて、受け取ることができるものです。転職希望者が入社しないことには一円も儲けがありません。

 

ですから転職エージェントは求人をどんどん紹介して、応募するように勧めてきます。

 

転職エージェントがたくさん求人を紹介する理由は、転職エージェントの儲けのためだけではありません。

 

内定にたどり着くのは5%

 

実は求人に応募してから採用されるまでは狭き門なのです。

 

普通、面接で落とされる、というイメージがあるかもしれませんが、もっとも落とされる可能性が高いのは最初の書類選考なのです。

 

書類選考に通る確率は25%と言われています。4人に1人しか通らないわけです。

 

書類選考を通ったとして、一次面接に通る確率は33%、そして二次面接に通る確率は66%です。ですからある企業に応募して採用(内定)になる確率は5%です。

 

この数字を見ると、転職はかなり狭き門ということがわかります。

 

20社受けて1社合格という計算になりますので、転職エージェントも数多くの求人に応募することを勧めてきます。

 

転職エージェントが多くの求人の応募するように進める理由をご理解いただけたのではないでしょうか。

 

ある程度の数の応募は必要

 

では、転職エージェントに言われるがままに求人に応募していけばよいのでしょうか?

 

自分の転職の条件と合わない求人であればもちろん応募しない、という選択肢もあります。

 

もし選り好みをして応募数が少ない場合、転職に失敗してしまう可能性もあります。

 

求人企業の条件にも、自分の希望にも合う転職先があったとしても、同じような経験、スキルを持つ転職のライバルたちともしのぎを削っているわけです。

 

そのようななかで転職の確率5%です。

 

それで、ある程度応募の数をこなす必要はあるといえるでしょう。

 

 

次はこちら
転職エージェントとの面談にあたって