円満退職の秘訣

円満退職の秘訣

転職するということは、今勤めているところを辞めるということになります。

 

転職は決まったものの、「しまった!今の職場にはまだ伝えていない・・」ということはないでしょうか?

 

転職先の内定をもらわないことには今の会社の退職手続きは出来ませんので、物事を順序立てて行う必要があります。

 

今勤めている職場を円満に退職するにはどんなことに注意すればよいでしょうか。

 

最初に直属の上司に伝えるのが礼儀

 

まず退職の意思表示ですが、退職日の2ヶ月前くらいが目安になります。

 

家族ともよく話し合って理解を得るようにしましょう。

 

では退職の意思を誰にまず示すのでしょうか?

 

仲の良い同僚でしょうか?

 

いいえ、直属の上司にするべきです。

 

もし仲の良い同僚が先に知っていて、その後上司の耳に入るということになると、上司も良い気持ちがしないはずです。

 

ですから意思表示の順番は大切です。

 

会社に特に繁忙期がある場合は退職の意思表示は、業務に差し障りがないよう、繁忙期を避けたほうが良いでしょう。

 

「個人的な事情」

 

上司に転職先を聞かれた場合はどうしますか?

 

特に明らかにする必要はないでしょう。

 

退職理由も聞かれるかもしれません。

 

職場や同僚への不満があっても口にせず、個人的な事情と述べるのが大人のやり方です。

 

上司と話し合って退職日を決めますが、十分業務の引き継ぎなどを十分考慮に入れた上で上司と合意の上で決めましょう。

 

転職先の入社日を決める

 

退職日が決まると転職先の入社日の決定になります。

 

転職先の入社日は転職先の責任者と決めることになりますが、転職先の受け入れ準備もありますので一旦決めたら変更がないようにしましょう。

 

そして退職1ヶ月前には「退職届」を社内規則に従って提出しましょう。

 

引き継ぎの注意点

 

業務の引き継ぎ、これがけっこう大変です。

 

資料やリストの準備をする必要があるでしょう。

 

また後任者と取引先に挨拶に行く必要もあるでしょう。

 

取引先への挨拶のときに、退職理由、転職先を聞かれるかもしれませんが、「個人の事情」「家庭の事情」という一般的な理由にしましょう。

 

転職先については転職先を述べるのではなく「また落ち着いたら連絡差し上げます」と伝えるのが良いでしょう。

 

このように円満退職には「大人の対応」が大切です。

 

 

次はこちら
失業保険について