退職に関するエトセトラ

退職に関するエトセトラ

転職先がめでたく決まって、現在の会社に退職の意思を伝えようとしたら・・

 

「君は会社にとって必要な存在だ、辞められては困る!」と上司に言われたとします。

 

このように言われたら退職を思いとどまらなければならないのでしょうか?

 

そのようなことはありません。

 

雇用側の承認は必要ない

 

退職は、労働者の一方的な意思表示により効力が発生しますので、特に会社の承認は必要としません。

 

民法では期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません (民法第627条)。
(厚生労働省福岡労働局ホームページより)

 

つまり、労働者は自分が辞めたいときに、辞めることができるのです。

 

円満に退職するなら2ヶ月前から

 

良い転職先が決まってすぐにでも転職したいという場合があると思います。

 

もし社内規則に「1ヶ月前に退職を申し出なければならない」とあったときはどうでしょうか?

 

法的には雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間で終了となりますが、社内規則を「特約」とする見方もあります。

 

円満退職を望むなら1ヶ月と言わず2ヶ月前を目安に退職の意志を明らかにしたほうが良いと思います。

 

いずれにせよ、退職は労働者が持つ権利ということができます。

 

どうしても会社を辞めさせてくれない・・このようなブラック企業がある場合は、労基署(労働基準監督署)に相談する必要があります。

 

会社に提出するのは

 

さて、会社に退職の意思を伝える文書は「退職願」でしょうか?「退職届」でしょうか?

 

答えは「退職届」です。

 

「退職願」を出すとあくまでの「お願い」なので退職を却下される可能性があります。

 

「届」と「願」、1文字違いで大きな違いです。

 

退職の意思がはっきりしている場合、「退職届」を提出しなければなりません。

 

もし会社が受取を拒否する場合はどうですか?

 

その場合は「内容証明郵便」で送れば証拠になります。

 

「退職届」はとても大切です。

 

「退職届」を出さずに退職すると、会社から損害賠償を請求される場合があるからです。

 

「退職届」には理由を書く必要はありません。

 

単に「一身上の都合により」とすることができます。

 

退職届の書式はシンプルなものですが、たくさんネット経由で見つけることができますし、会社によっては書式を用意しているところもあります。

 

もしも脅されたらどうする?

 

「辞めたら損害賠償を請求する」と言われた場合はどうでしょうか?

 

そのように言う会社というのは相当なブラック企業ですが、「当事者の一方的な過失」ではない場合は損害賠償を払う必要はありません。

 

人間誰も完全ではありませんので「過失、ミス」といったら思い当たるフシがあるかと思います。

 

しかし通常起こるようなミスというのは雇用関係の中に入っていますので心配する必要はありません

 

 

次はこちら
スムーズな退職手続き