転職サイトを活用する

転職サイトを活用する

転職サイトと転職エージェントの違いについて「転職サイトとの違い」のページで説明しました。

  • 転職エージェントアドバイザー付きで転職活動をする
  • 転職サイト:自分一人で転職活動をする

 

気軽さは「転職サイト」が上、転職を真剣に考えている人は「転職エージェント」を選びましょう、という内容でした。

 

転職サイトを上手に使おう

 

ここでは「転職サイトとの違い」で言っていることに対して少し別の観点から「転職サイト」を見ていけたらと思います。

 

転職エージェントは転職サイトよりも優れている、という話ではなくて、転職サイトもうまく使えば、転職の大きな助けになるということを言いたいのです。

 

採用担当者と直接やり取りしやすい

 

アドバイザー付きで転職活動ができる転職エージェントと違って、転職サイトは、「これは」と思った企業に自分で応募しなければなりません。

 

しかし、企業の採用担当者とは転職サイトを介してつながっていますので、直接やり取りができますしメール機能を使って自己アピールをすることもできます。

 

採用企業にとっては転職サイトのほうが使いやすい

 

転職エージェントには、募集企業側はたくさんの費用(成功報酬)を支払っています。

 

転職サイトに対しても広告掲載料を支払っていますが、転職エージェントの成功報酬に比べれば低価格です。

 

採用の費用対効果を考えると、転職サイトから優秀な人材が入ってくれたほうが、採用企業側とすればよいわけです。

 

転職エージェント経由と転職サイト経由で同じ評価の人材が来れば、企業側は間違いなく転職サイトから来た人材を選ぶことでしょう。そのほうが採用コストが安いからです。

 

エージェントとサイトを使い分ける求人企業

 

転職エージェントからレベルの高い人材転職サイトから通常レベルの人材、とターゲットを分けている企業も見られます。

 

もし転職エージェントに登録してみて紹介される企業が、転職サイトにも同じように掲載されているのであれば、そのようなターゲットを分けている企業と見ることもできます。

 

ハローワークには及びませんが、転職サイトは転職エージェントに比べて、全国のカバー率は高めです。

 

マイナーな転職サイトも積極的に活用しよう

 

転職サイトと言っても大手から小さなところまで多種多様ですが、転職エージェントよりも地方に特化した転職サイトがあるはずです。

 

大手転職サイトは求人掲載料も高いため、掲載料をかけたくない会社は、少しマイナーな転職サイトに求人を出すかもしれません。

 

それは掲載料を出せない経済状況の悪い会社、とも言い切れません。少数精鋭のベンチャー企業で、将来性のある企業かもしれません。

 

ですから転職サイトは、大手に登録していれば安心、というわけではありません。

 

むしろ大手ではない転職サイトにあなたがやりたい仕事を見つけることができるかもしれません

 

それで、大手プラス数社(自分の進みたい道に特化したサイト)など複数のサイトから情報を集めることをお勧めします。

 

 

次はこちら
逆求人サイトは転職に役立つのか