転職エージェントとの面談内容

転職エージェントとの面談内容

転職エージェントの担当者との面談ではどんなことが話し合われるのでしょうか。

 

5つのステップで話し合いが行われます。

 

1.お互いの自己紹介
2.どんな仕事をしてきたのか職務経歴について
3.転職を希望する理由について
4.転職の希望条件
5.実際の求人紹介(後日の場合もあり)

 

担当者の決定

 

まずお互いの自己紹介ですが、面談で話をする人があなたの担当者になります。

 

担当者はリラックスした雰囲気にすべく、雑談や趣味の話などもしてくるかもしれません。

 

その後担当者から、転職業界の動向などの話が聞けると思います。

 

転職エージェントのサイトでは「まだ具体的に転職を考えていない方でもお気軽にご相談ください。」と書かれてはいますが、「私は全然転職する気はないのですが、話だけ聞きたいです。」と言ってしまうと、転職エージェントもビジネスですので、あなたを助けたいというモチベーションが下がってしまうかもしれません。

 

ですから「全然転職する気はない」と伝えるのは禁物で、話し合い次第で前向きに考えたい、という姿勢を示すことが懸命です。

 

転職したい理由をしっかりまとめておく

 

次に「職務経歴」についてですが、これは転職希望者であるあなたが、面談前にしっかりまとめて置くことが必要です。

 

自分では大したことがないと思っていても転職に有利なアピールになることがあります。

 

またそこを掘り下げて聞き出すのも担当者であるキャリアコンサルタントの役目です。

 

「転職希望の理由」についてはネガティブな理由であっても正直に担当者に話すことが大切です。

 

転職エージェントはあなたの味方ですし、転職したい原因になっている事柄を次回の転職先では解決できるように転職先を探すのも担当者の役目です。

 

希望条件を詳しく伝える

 

「転職の希望条件」についてですが、年収、職場環境、役職、福利厚生、通勤時間など様々な条件があります。

 

すべての希望を満たす企業は少ないので、条件に優先順位を付ける必要があります。それに基づいてキャリアコンサルタントがあなたにふさわしい企業を紹介してくれます。

 

求人情報の紹介

 

「求人紹介」ですが、面談の最後に紹介してもらえるか、または面談後少ししてから紹介されることがあります。

 

求人紹介数は転職エージェントによって異なります

 

5社くらいに絞って紹介してくれるところと、広い条件で20社以上紹介してくれるところもあります。

 

面談は初回のみで続きはメールなど

 

面談時間は約1時間です。

 

基本、面談は一回のみであとはメールや電話での相談になります。

 

もし面談内容に満足できなかったらお断りしてエージェントを変えてみることも自由です。

 

 

次はこちら
転職エージェントはハローワークではない