キャリアコンサルタントとの付き合い方

キャリアコンサルタントとの付き合い方

転職エージェントを利用する転職の成功の鍵はキャリアコンサルタントとの付き合い方にあるといっても過言ではありません。

 

キャリアコンサルタントはどこに行っても同じサービスを提供してくれる、銀行のテラーさんのような窓口サービスではありません。

 

キャリアコンサルタントは十人十色で、それぞれに特徴を持った人たちです。

 

ですからキャリアコンサルタントとの上手な付き合いこそ、転職を導くものとなります。

 

キャリアコンサルタントの個性も考えよう

キャリアコンサルタントのタイプには様々あります。

 

大きく分けると「聞き上手なタイプ」「ぐいぐい引っ張っていくタイプ」です。

 

「聞き上手なタイプ」は転職希望者の希望を汲み取り、転職希望者の目線に立ってアドバイスしてくれるタイプです。

 

無理な条件を言ってもあからさまには否定せず、できるだけ希望に叶うように話を勧めてくれます。

 

「ぐいぐい引っ張っていくタイプ」は転職を実現するためにバリバリ行動してくれる頼もしい存在です。

 

反面、無理な条件ならあっさりと却下されるかもしれません。何でもストレートに行って欲しい人には適したタイプです。

 

ほかにも「業界情報に詳しい」「ある分野においてはプロフェッショナル」といった長所を持つキャリアコンサルタントもたくさんいます。

 

相性があるので無理しないこと

キャリアコンサルタントとあなたの間には、人と人とのつながりですので、相性というものがあります。

 

もし担当のキャリアコンサルタントにストレスを感じるようであれば、担当者を変えてもらうことができます。そのような対応ができる転職エージェントを選びましょう。

 

ぜひ避けたいキャリアコンサルタントのタイプ

一緒に仕事をしないほうが良いキャリアコンサルタントのタイプはあるでしょうか。

 

ひとつは「決定を焦らせる」人、もうひとつは「レスが遅い」人です。

 

「決定を焦らせる」人、例えば「明日までに決定していただかないと企業の交渉ができなくなります。」などと返事を焦らせる人は、自分たちの都合で転職を誘導しています。

 

よくカーディーラーの営業マンが、「お値引き、オプションサービスは今日までです。」などと焦らせて購入の即決を迫るのに似ていますね。

 

このような、転職希望者の立場に立っていないキャリアコンサルタントは避けるべきでしょう。

 

また「レスが遅い」人ですが、キャリアコンサルタントは仕事量が多いので、レスが遅いということはあなたの優先順位が低いのかもしれません。

 

それでは良い転職支援サービスは得られないと思います。

 

転職業界はスピードが肝心なことも多いですので、担当者の対応の遅さでせっかくの良い転職の機会を失ってしまうことにもなりません。もしレスの遅さを指摘して、改善されなければ、担当者を変えてもらうべきでしょう。

 

このようにキャリアコンサルタントをうまく見分けて、本当に自分のためによくやってくれる人かを判断することはとても大切です。

 

 

次はこちら
必ずしも転職ありきではなくとも良い?